友人は増える?減る?

結婚したら友人関係は変わるもの?

学生のときは学友、社会人になると同僚、独身時代は飲み友達もいて絆があり上手く友人付き合いができるでしょう。
出産するとママ友が増えて、どんどん友人の和が広がっていきます。
では、結婚したときはどうでしょうか。

結婚したときは、時間もお金も余裕がなくて友人付き合いが制限されます。
時間もお金があったとしても、ちょっと付き合いづらくなるものです。

「周りは結婚していない」これが一番の原因ですが、結婚している者として、どうしても気軽に遊びにはいけなくなります。
また、友人も気兼ねして誘わなくなってしまいがち。
どういう変化があるのか、一緒に考えていきましょうか。

友人との付き合いが減ったというパターン

家のことでいっぱいいっぱいで付き合う暇もないという主婦ならではの理由や、友人が気兼ねして誘ってくれないなど原因は様々。
特に多いのは、平日に飲みに行かなくなったというケースでしょうか。

結婚しているなら「守らなければいけない家庭」があります。
少なからず、自由に使えるお金が制限されてしまうわけです。

余裕が5000円あったら、飲みに行こうと思いますか?
それとも、夫とちょっと贅沢をしたり、自分磨きに使おうと思いませんか?

仕事が終われば夕飯のために帰宅して、平日は家にいることが多い。
夫には「男と行くのか」と疑われていきづらいなどの理由もあります。

友人との付き合いが減ったと言うパターンは多く、増えたという方よりも10倍は減る可能性のほうが高いでしょう。
逆に「友人が増えた」という方の理由はどのようなものでしょうか。

友人との付き合いが増えたというパターン

子供が生まれたからママ友が増えたというケースや、交流の幅を広げていき交友関係が広がったという方もいます。
「結婚して疎遠」なんてよくあるパターンで嫌ですよね。
そこで、独身の友達とは「友達が知らない話」で盛り上がることができるし気兼ねなく付き合えるという方も多いでしょう。

交友関係など「結婚」で切れるものではありません。
本当に一生涯付き合いたいと思っている友人とは切れることなどありえませんし、結婚しただけで切れてしまったのならその友人とはそこまでの縁だったのでしょう。

出産をしたらふとした拍子にまた疎遠関係に合った友人と友人関係に戻るかもしれません。
「結婚したら友人関係が変わる」などあまり考えずに、気兼ねなく付き合っていくべきではないでしょうか。