仕事と家庭の両立

仕事と家庭を両立できていますか?

フルタイムで働くとしたら、朝9時から夕方17時を定時としてそこから残業でしょうか。
パートタイムの場合は9時から15時が一般的ですね。

フルタイムで働く場合、とくに家事の両立は難しい。
買い物へ行って洗濯をたたみクリーニングしなければいけないものは個別にしてシャツはアイロンをかける。
ご飯を作って日用品を補充してないものは翌日買いに行く。

ご飯を食べて部屋の掃除をしてちょっとゆっくりしていたらあっという間に夜中。
これでは育児が必要となったときに、到底両立することはできません。

女性には「しなければいけないことがたくさんある」ことを男性が理解していないことが多い。
また、この大変さは結婚してから気づく方が多いでしょう。

お風呂掃除はいつすると?食器の片づけは?
毎日やらなくて良いのであれば楽かもしれませんが、ちょっとはこの大変さに、夫にも気付いてもらいたいものですよね。

夫がその大変さに気付くとき

妻が寝込んでしまったら・・・一体だれが家事をするのでしょう。
仕事をしながらも、妻が寝込んでしまったら夫が家事をするのは当たり前のこと。

「家を常にキレイに保つ」そう簡単に行ってもご飯を食べれば洗わなければいけない食器が出ますし洋服を着ている以上1日に1回は洗濯をします。
一人暮らししていたから大丈夫なんて言っても、仕事の疲れは半端じゃありません。
しかも夫婦なら二人分、子供がいたら三人分ですから、初めての夫にすれば大変極まりないことです。

夫が妻の大変さに気付くとき、夫婦は良い方向に向かいます。
誰が「家事と仕事を両立しなければいけない」と言ったのですか?
誰も言ってないのですよ。

ちょっとくらい、家事に手を抜いたってかまいません。
部屋が汚れているくらい、気にしなくて良いのです。

我が家ではペットを飼っています。
当然、ペットの面倒は私が見ることになりますから、飼育が「しなければいけないこと」に加わります。

夫がちょっとトイレを掃除してくれるだけでも、助かるんですよね。
そういった「手伝い」は積極的にしてほしいものです。

ですが「妥協はできない、甘えられない」これが妻としてのプライドです。
なんとしてでも家事と仕事を両立させて見せる。
これが、結婚後の女性の意地です。

両立できなければ妻失格だ・・・そんなことはありません。
ですが、両立できるに越したことはありません。

上手に両立する方法

「家庭と育児を上手く両立させる方法」はなんだと思いますか?
がむしゃらに頑張る?違います。
少し、笑っちゃうかもしれませんが、「手を抜くこと」です。

家庭でも仕事も完璧にこなすなんて無理です。
仕事には手を抜けませんが、家事は手を抜けば良いのです。

ゆっくりくつろぎながら、洗濯ものを畳んだっていいのです。
ちょっとゴミが散らばってるからといって困る人はいないでしょう?
気付いた人が片づければ良いのです。

潔癖な人にとっては、「ゴミがある」こと自体気に食わない人もいます。
では、「簡単に掃除」をすれば良いのです。

コンセントを繋いで掃除機をかける必要はありません。
クイックルワイパーなどでちょっと拭くだけで良いのです。

多少食器が溜まっていても、ゴキブリが湧くわけではありません。
手が空いた時に片づければ良いのです。

「明日やろう、はバカやろう」です。
ですが、「ちょっと後でやろう」は仕事と家事を両立させる最高の言葉です。