節約に興味を持ち始めた

節約意識を持つこと

結婚したら「節約」は避けては通れない道のり。
決して経済的な余裕があるわけじゃありません。
だからこそ、節約意識を持つべきは妻である私です。

結婚前は節約など考えたこともありませんでした。
自分に使える自由なお金が減って、どんどん苦しくなって。
そうならないためにも、節約して思う存分結婚生活を満喫したいと思ったんです。

子供が生まれたら余計にお金がかかりますよね。
子供一人育てるのに、1億はかかるなんて言われていますから。
徹すべきは貯金ですが、まず節約意識を持つことから始めていきましょう。

節約すべきは固定費!

節約すべき費用は、固定費です。
たとえば家賃は変えられないとしても「光熱費」「ネット代」「携帯電話代」などは節約できますよね。

ちょっと節約意識を持ってこまめに電気を消すようになったら、あっという間に半分以下の電気代になりました。
水道やガスも気を付けて、お風呂に入るタイミングや洗い物でも「節約方法」を調べてみたんです。

洗い物は、おけに水を溜めて付けておくとか、油ものには洗剤を混ぜた水をかけておくとか。
そういった心がけでも、すっごく節約できるものですよ。

そしてネット代。
携帯電話で5,500円、自宅の回線で5,000円、これってとてももったいないですよね。
自宅回線と同じ契約でポケットWi-Fiを契約したら携帯電話もWi-Fiを飛ばして使用できますし、料金も半額以下になります。

固定回線もタイプを小さくすることができますし、他にも節約できる固定費はたくさんあります。
節約に興味を持った方は、まず固定費から節約を始めてみてくださいね。

自分磨きは欠かせない!

節約をしていても自分磨きは欠かせません。
美容院代や洋服代に手を抜きたくありませんから、他のことで節約をして、しっかり欲しい物を買って美容院へも通えるよう余裕を出していきたいと考えています。

美容院なんて2か月に1度か3か月に1度のもの。
夫も1ヵ月に1度行く程度ですから、節約する意味もありません。

自分磨きをしながら節約していると、節約もどんどん楽しくなっていきます。
いろんなことに興味がわいてきて、「レシピにこだわったら食費も節約できるのではないか」と毎日キラキラした生活を送ることができますよ。

節約に興味がわいたらまず何をすべきか

結論からいえば、ずばり「家計簿」を付けましょう。
スマートフォンが主流となって、今ではいろんな家計簿アプリも登場していますよね。

家計簿アプリは、自動で固定費や引き落としの支払う費用を差し引いてくれて、給料の額を入力するだけで予想を立ててくれるものもあります。
とても便利ですし、ずぼらな私にはぴったり。

1日のお金の流れがわかれば、必然的に1週間のお金の流れを把握することができますよね。
そこで、「どれだけ余るか」「どれだけ余裕がないか」もチェックできます。

ポイントは、「1週間のお金の流れを理解すること」です。
1ヵ月では少し遠すぎますし1日では把握しきれません。

「今週は使いすぎたから来週は節約しよう」とより意欲的になるので、ぜひ家計簿をつけましょう。
そして、1週間の流れが把握できるようになったら、1週間分のお買い物をまとめていくと更に節約できるようになりますよ。