1. >
  2. >
  3. 夫がEDだと発覚したらED治療を勧める

夫がEDだと発覚したらED治療を勧める

寝る

結婚後のセックスレス事情

彼氏や夫がED(勃起機能の低下)だった場合、女性はとても困ると思います。
私も「子供が欲しい」と切実に願っているのですが、実は夫がEDの症状があるようで、なかなか難しいものです。

お互いに子供が欲しい気持ちは変わらないのですが、EDがそれを邪魔しています。
私自身、夫がEDだと気づいたときは最初どう接すればいいのかわかりませんでした。

結婚した後、1~3年までの間に妻が夫のEDの症状に気づくケースは多いようです。
私もだいたい結婚してから、1年ほど経ってから気づきました。
男性は自分がEDだと認めたくない傾向もあるようで、治療に前向きな姿勢をみせる男性は少ないとのこと。
夫も、最初は子作りに賛成だったのですが、何かに悩んでいる様子がだんだん浮き彫りになってきていたんです。

とことん話し合う

そのままの状況が続いても夫婦の溝が深まるばかりだと思ったので、お互いの気持ちをぶつけ合うことにしてみました。
なにより、私の気持ちがネガティブな方向へ変わりそうでしたので、行動に移したんです。

その時は決して夫を責めることはせず、「何か悩みでもあるの?」「最近疲れているようだけれど大丈夫?」と少しでも気にかけているということを伝えました。
こうすることで夫自身も、悩みを打ち明けようかなと思ってくれるようになるだろうと思ったのです。

夫婦間での隠し事はいけないと思いますし、きちんと私自身も夫と向き合うことで、ED治療も支えになれればいいなと思いました。

結果、夫の中でも気持ちが晴れて、ED治療を前向きに考えられるようになったのです。

具体的なED治療

私の夫のように、EDの自覚症状があったときは、ED治療を行なっている専門機関へ付き添って、早めに相談するべきだと思います。
EDの治療薬には、国内でも大きな話題となったバイアグラを初め、効果の持続性や即効性を高めたレビトラやシアリスなどが存在し、先生が適切な薬を処方してくれるのです。

ちなみに、私と夫が相談にいったクリニックのサイトで、ED治療薬やED治療についてわかりやすく書かれたページがあったので、参考になりますよ。

参考:ED治療方法とED治療薬の種類【浜松町第一クリニック】

また、当時先生から言われたのは、EDは年齢が関係したり心理的プレッシャーが関係したりすることも多いようです。
根本的な解決は生活習慣の改善だったりすることもあるようなので、今一度食生活などを見直してみようということになりました。