韓国で人気!うるつや肌のムルグァンメイクとは

潤いのある美肌を作る「ムルグァンメイク」

「ムルグァンメイク」はここ近年韓国で大人気のメイク方法です。
韓国の女優やアイドルが火付け役となることで、現在では韓国の若い女性だけでなく日本にもその流行が波及してきています。

「ムルグァン」とは、「水」を意味する「ムル」と、「光」を意味する「グァン」を組み合わせた造語であり、透明感があってまるでキラキラと輝く水面のような美しい肌質をしている人のことを言います。

肌質に注目をしたメイク方法ということもあり、最も重要なのは肌質の基礎ケアです。
ベースメイクのそのまたベースとなる肌質の改善なくして、このムルグァンメイクを完成させることはできません。

そのためムルグァンメイク用の製品としては、化粧水や美容液などの基礎化粧品が中心です。

毎日のケアとはまた別に、メイク直前に行うベース作りにおいても化粧水や美容液、乳液、クリームといった複数の基礎化粧品をたっぷり使用して肌にうるおいを作っていきます。

ムルグァンメイクにおいて欠かせないキーアイテムはBBクリームやCCクリームなどのリキッドタイプのファンデーションです。

コツとしてはそうしたクリーム系下地ファンデにパウダータイプのファンデーションを配合してから顔に塗るということで、これが肌にキラキラとした輝きをもたらしてくれます。

ハイライトを適所に用いてさらにボリューム感アップ

ムルグァンメイクでは、肌の透明度とともに輝くキラキラ感も重要です。
そのため透明感のあるベースの肌を作ったあとは、そこにチークやハイライトを使って効果をプラスしていきます。

ムルグァンメイクの場合、アイシャドウはあまり派手に使用することはなく、使う場合でも目頭や目尻に軽くシャドウを作るくらいにとどめます。

これはムルグァンメイクができるだけ自然の肌質を強調して行うものであるためで、あまりにも作り込んだ印象があるとそれはムルグァンメイクらしさがなくなってしまいます。

ベーススキンの上に加えるなら、血色をよく見せられるピンクのチークやラメ入りのハイライトが定番です。

チークは頬の上側にちょっと乗せるようにして、下まぶたのあたりにラメ入りのハイライトを加えることで、視線がうまく目元と一番肌が美しい頬に集まります。

口紅はビビッドカラーのピンク色を用いることが多く、派手になりすぎないツヤ感を出すとより韓国のモデルや芸能人のモデルに近くなります。

ムルグァンメイクのための製品として非常に人気があるのが、シンビアの「フラッシュビーム」です。
こちらはチューブ式のリキッドファンデーションで、初心者でも手軽にうるつや肌を出すことができるとして芸能人だけでなく一般の人にも多くのユーザーがいます。