かかと美人になりたい

足元のお手入れは万全ですか?

綺麗な人、素敵な人とは、過度のお洒落はしていなくても、どういうわけか綺麗に見えるものです。
理由は色々あるのですが、共通しているのは、清潔感があってきちんと感があることです。
洋服やヘアスタイルなどが良い状態であることはもちろん、体の先端部分がしっかりとお手入れされている。

例えば爪先や指先。耳、そして足元。
どんなに高価な靴を履いていても、汚れていたりかかとが踏みつぶされていたりすれば、当然綺麗には見えません。
反対に、こういった部分がちゃんとお手入れされていると、より女性らしくより美人に見えるものです。

同じように、かかとのお手入れも非常に大切です。
冬の間はあまり人の目に触れないかもしれませんが、それでもやはりお手入れはしておきたいところ。
カサカサしていたり、ゴアゴアしていたりすると、美人には見えませんし、それどこから何だかだらしなく不潔に見えたり不健康に見えてしまう場合危険もあります。

更に気温が高くなって、サンダルなどを履くことが多くなる季節はお手入れは絶対に欠かせません!
かかとは丸見えになっていますし、想像以上に見られている部位ですから、是非しっかりとお手入れするようにしてください。

かかとのお手入れ方法について

お風呂に入ったら、かかとの角質を取り除いてください。
しばらく温かいお湯につかっていると、角質が柔らかくなってきて取り除きやすくなります。
軽石や専用のやすりなどを使うと良いでしょう。
こういったアイテムが無い時は、濡れタオルを硬く絞って擦ってみるのも良いでしょう。

この方法は、かかと以外にも肘や膝の角質除去にも使えます。
お風呂から上がったら、クリームなどをたっぷりと塗って保湿してください。
お風呂から上がったら、なるべく早めにケアするのがコツです。
時間が経ってしまうと、乾燥が進んでしまいまたカサカサ状態になってしまいます。

もしかしたら水虫かも?

かかとのかさかさは、もしかしたら水虫である可能性もあります。
指のまたの方に水虫ができている方は、かかと水虫である可能性が高いです。
そのまま放置しておくと、爪水虫になってしまうこともありますので、できるだけ早く治療を始めることをお勧めします。

一番良いのは、医療機関に行くことです。
そして、お風呂で石鹸を使ってよく洗い清潔を保つように心がけましょう。
同じように、湿った状態にしておかないことも必要です。
湿った状態が長くなると、白癬菌が増えます。

家族に水虫の人がいる時は、タオルやスリッパ、バスマットなどは別にするようにしましょう。
見えるところも見えないところも、きちんとケア。それが、その人から清潔感ときちんと感を醸し出させる事になります。