ダイエット中の食べ放題で太らない食べ方って?

ダイエットを成功させるために心がけること

女性の大半が一度は挑戦をしているダイエットですが、なかなか目標体重まで落とすというのは簡単なことではありません。

最初の2~3キロくらいはなんとか落とすことができたとしても、その後が続かず結局リバウンドをして元通りになってしまうということもよくあります。

なぜ最初の数キロで挫折をしてしまう人が多いかというと、それはダイエットをしようという意識が先走るあまり、極端な食事制限によって無理やり数キロを落としてしまうからです。

人の体重というのは一定ではなく、完全に同じ量のみを食事にしていても、一ヶ月の中で太ったり痩せたりといったことが起こります。

最初に無理な食事制限をして痩せるのは本当に体重が減ったのではなく、急激に食事量が減ったことにより必要な水分量が体内に留められなくなってしまったことが主な原因です。

はじめにストンと落ちたので油断をして暴飲暴食をしてしまっては、かえって前以上に太ってしまうということが起こってしまいます。

ダイエット中に適切に体重を落とすには最初から食事制限をするのではなく、ゆっくり時間をかけて食事量を落としていくことが大切です。

総カロリー量を考えれば必ず痩せる

まず痩せるための食事管理として一番に考えてもらいたいのが、食事のカロリー総量の計算です。
世の中のダイエットマニュアルを見ていると、どんな食材がよくて何が悪いということや、食べる時間帯が問題といったような細かいテクニックが書かれていますが、それはダイエットの目的から見ると些細な項目に過ぎません。

最も大切なのは一日の中で摂取をするカロリー総量で、代謝量とともに消費をするカロリー量と比較して、摂取するカロリー量が多ければ必然的に太ります。

反対に消費カロリー量よりも摂取カロリー量が低ければ必然的に痩せていくということになります。

問題はどのようにしてカロリー量を抑えていくかということで、そのためには食品の栄養分を理解した上でカロリー量を計算しながら食べていくということが大切です。

しかしカロリー量はただ減らせばよいというわけではなく、毎日の食事量が極端に少なくなると体が生命の危機を感じ、わざと基礎代謝量を落として少ない食事でも太れるようにしてしまいます。

ダイエット中であっても、だいたい2週間~1ヶ月に1度くらいは「チートデイ」として好きなだけたっぷり食べるようにするのがおすすめです。

定期的にたっぷり食べてその後の食事量を減らすと、体が基礎代謝を維持したまま脂肪を筋肉に変えて行ってくれるので、太りにくい体を作っていくことができます。

またダイエット中の便秘は大敵です。
食事量を減らすにしても食物繊維はしっかり多めにとるようにし、排便の周期は崩さないようにしましょう。