すっきりデスクで快適に!デスク整理術

デスク周りをすっきりさせるおすすめ収納

デスク周りはどうしても文房具や書類などで散らかってしまいがちです。
そのため無造作に整理を考えずに作業をしていると、必要なときに必要なものをすぐに取り出すことができなくなってしまいます。

乱雑な机での探索は一つひとつの作業は大したことがないように思えますが、こうした無駄な時間が積み重なっていくことで作業効率は著しく低下していきます。

作業を無駄な探索時間で中断させてしまわないためにも、普段から机周りはしっかり片づける習慣を持ち、いつでもどこに何があるかを把握できるようにしていきましょう。

机周りの整理作業でおすすめなのが、便利に小分けをして収納できる家具の使用です。
家具メーカーや文房具メーカーからは使用しやすいデスク用棚が販売されていますので、もし机を購入するなら、広さに合わせて機能的なデスクを購入するとよいでしょう。

オフィスでのデスクのように自分では本体を選ぶことができない場合には、周辺に便利な収納家具をつけておくのがよい方法となります。

おすすめ製品としては「ミニアクリルケース」や「ブックシェルフ」「道具箱」などといったものです。
これらは机の上に置いておくことで小物を便利に収納することができ、また半透明タイプのものを選ぶことでどこに何をしまったかすぐに把握をすることができます。

仕事の優先順位ごとに収納するという工夫

オフィス業務の整理作業でもう一つ重要なのが、仕事の進行に合わせて収納できるようにするという工夫です。

書類ケースやファイルケースを使用する場合には何でもケースにすぐ入れるのではなく、仕事の進行に合わせて入れる場所を変えるようにするとさらにすっきりと机周りを使えます。

あまりスペースが広くなく仕事ごとにファイルの棚を置くことができないという場合には、「すぐやる」「時間ができたら早めにやる」「納期までにやる」といったように優先順位をいくつかの段階に分けてそれぞれ書類を収納するようにしましょう。

そして一日の初めと終わりに全ての書類にざっと目を通すようにしておくと、今の仕事の進捗を具体的に把握することができます。

散らかりがちな文房具類は、あえて収納スペースの少ないケースを選ぶということも一つの方法です。

大きなペン立てなどが置かれていると、ついつい書けなくなったペンやほとんど使わないタイプのペンなども、どんどん入れていってしまいます。

ですが普段の業務で使用するペン類などは限られたものですので、思い切ってペン立てを無くし、トレー型のペンケースにしてみるという方法がおすすめです。

または自分が使用するペン類はペンケースに入れるようにして、使い終わったら都度ケースに入れ直すといった習慣をつければデスク上が乱雑になるのを防げます。