結婚後の変化①自分

子供が欲しいと思った瞬間

男性でも女性でも、結婚すればいつかは子供が欲しいと考えます。
子供が苦手でも我が子は目に入れても痛くないほどかわいいものでしょう。

「子供が嫌いだから」と言っていた友達のご主人でも、いざ子供ができるとベタベタだという話を聞いたことがあります。
他人の子供には「文句」もいえないし「教育」もできないからこそ、可愛いとは思えないんですよね。
自分の子供の場合、守ってあげなければいけませんし教育も責任も親の手にかかっています。

私が子供が欲しいと思った瞬間は、夫とそういった話をしていた時です。
夫も協力的で、近い将来子供が欲しいと言ってくれました。

そういった話をするだけでも将来の設計ができるというか、人生の楽しみ方が理解できたような気がします。
結婚前には想像もしていなかった自分の変化。
これは、結婚後の良い変化だと感じました。

結婚は安心感がある

結婚には「安心感」があります。
もちろん、少々の不安もあるでしょう。
ですが、結婚後の大きな安心感のほうがまさり、不安なんて消し飛んでしまいます。

この安心感にはメリットとデメリットがあります。
たとえばメリットは、安心して過ごせるからこその安らぎと、家に帰ってきたときのリラックスの度合いです。
夫がいるというだけで安心しますし、結婚しているというだけで将来のレールが敷かれていて遠い将来の不安なんて消し飛びます。
独身時代は「結婚できるのか」「一生独り身か」なんて思うこともありましたが、結婚したからこそ得られる安心感だと思います。

デメリットは、安心しすぎるということ。
夫との生活に慣れていって気が緩みっぱなしになります。

メイクもしない日があれば、着替えもしない日もある
見られて「恥ずかしい」と思うようなことでも平気でするようになっちゃうなんて、女を捨てていますよね。

結婚した安心感から激太りする方もいます。
そういった安心感によるデメリットが起こらないように、普段から自分磨きを忘れないことが大切だと考えています。

習い事をはじめました

実は、料理教室に通い始めたんです。
というのも、節約に興味を持ったからなのですが、節約するってどうしても食費は多くかかってしまいます。
私が料理が下手だからか、無知だからか。

食費は減らそうと思えばすぐに減らすことができるんですよね。
普段の食費を抑えて、たまにちょっと外食へ行くのも良いですし、毎日節約したレシピのほうが手が凝っていておいしいイメージがあったので、料理教室に通うことにしたんです。

義理母はとても料理が上手な方です。
たまに教えてくれるのですが、「呑み込みが早くて教えやすい」と言われました。
そこで、「教えてもらうのもありかな」と感じたという理由もあります。

メニュー

>>子供が欲しくなった
子供が欲しくなったきっかけ

>>大きな安心感がある
結婚したと言う大きな安心感

>>料理教室に通い始めた
料理教室へ通い始めたんです

>>節約に興味を持ち始めた
節約に興味を持ち始めたきっかけ